? kamome.club:電車で釣り!
kamome.club
kamome.club kamome.club
東京湾 電車で釣り♪

ブログ
波風予報
釣り場
船宿さん
釣りNEWS

釣りや海で遊んだことを書いているブログです。主に東京湾での釣りを紹介しています。



【ショウサイフグ】大貫沖 白子祭りは好調! 2018/05

コメント数:0件



この時期の東京湾のフグ釣りの楽しみは、なんといっても白子です。


アツアツをポン酢で食すのも良いですが、タレ焼きも捨てきれません♪


フグの新鮮な白子をたらふく食べられるというのは、釣り人の特権でしょう。(多分)


ターゲットのショウサイフグの白子は、トラフグと比べると小振りですが、味は絶品!


そして、今シーズンは、白子(オス)率が高く、かつ白子も例年より大きめだそうです。


ということは、今年は白子の当たり年のようです。


これは行かないといけないですね~。w


船宿はどこにしようか・・。


最近行くフグ釣りの船宿は、浦安の吉久さん、吉野屋さん、羽田のえさ政さんと、結構固定化しています。

久しぶりに金沢八景の野毛屋もあるな・・。


いろいろ悩んだ結果、個人的に実績の良い、吉久さんにお世話になることとします。




■釣りまでの準備


フグ釣りの道具は自宅に揃っているので、いつもの上州屋に行く必要はありません。


明日の天気は、晴れ予報ですが、ちょっと風と波が強い予報です。

この時期、晴れて風がないと、暑さで辛いので、ちょっと釣りにくさはありますが、正直風があるのはありがたいです。





■船宿到着


吉久さんには、6時過ぎに到着。

釣座ボードを見ると、フグ船はほぼ満席です。

皆さん、きっと白子狙いですね。


受付でお金を支払い、フグ船に乗船します。


今日の仕掛けは、チラシ仕掛けで挑みます。



準備は万全、出航を待ちます!




■出航


いよいよ出航です。


川の向こう岸の須原屋さん。釣りものは何かな?


今日のポイントは、大貫沖です。


ポイントまでは、1時間20分ほどかかります。




■釣り場に到着


大貫沖に到着しました。


第一海堡の近いところから始めるようです。


場所が決まったようで、船長さんがアンカーを入れます。



■釣り開始。


船長さんから、”はじめてください”のアナウンス音がありました。


すぐに、左ミヨシの方が、ショウサイフグをゲットです。。


良いサイズ、オスだと、白子もおおきそうです。


が、わたしの竿にはなんの反応もありません・・。
というか、船全体が渋い状態です。

船長さんがアンカーを上げ、次のポイントに向かいます。


1時間後、私の竿に、それらしい反応!


どうも、フグが餌を突いているようです。


仕掛けを、さっと50cmほど上げます。


うーん、掛かりませんでした・・。



仕掛けを再度ゆっくり底に落とします。


また、フグの反応!


また、竿をさっと上げます。


今回もかかりません。(^^;)


仕掛けをまたゆっくり底に落とします。


・・・、もう反応はなくなりました。


リールを巻き、餌を確認すると、しっかり食べられています・・。


今日の私とフグとの初勝負は、フグの勝ちでした。w


せっかくの貴重なあたり、もったいなかったなぁ・・。



それから、1時間後、今度はいきなりガツガツ食いついてきたアタリがありました。


竿をサッと上げると、竿が大きくしなりました。


掛かりました~。


リールを行って速度で巻き、水面に見えてきたのは、本命のショウサイフグ!


なんとかショウサイフグをゲットできました~。



エラにハサミを入れて、血抜きをします。

こうしないと、白子に血が残ってしまうようです。

血は臭みの原因ですからね。



それからは、ポツ、ポツッという感じで、フグとご対面という感じです。



数は少ないですが、良型です。



■釣り終了


船長さんから終了の合図です。


結局4匹でした・・。うーんもっと釣りたかったな~。


あとは白子の数ですね。


船宿に到着し、フグを捌いてもらいます。

今日釣れたフグ。



白子ですが、3匹に入っていました♪


そして、無事家に到着し、今日の釣り終了です。




■調理&食事


自宅に到着し、早速、調理に取り掛かります。


フグの身は刺身と唐揚げにします。ヒレには毒があるので必ず切り取ってください。



白子ですが、生では食べられないので、茹で処理をします。

私のやり方は、鍋でお湯を沸かし、沸騰したら白子を鍋に投入します。
中火にして、再度沸騰したら火を止めて、そのまま10分待ちます。

10分後、白子を氷水に入れて冷やすと処理完了です。


茹でる前の白子。



処理後の白子。



結局、白子は子供が大好きなタレ焼きにしました。

白子、久びりに食べましたが、やはりかなり美味しいですね。
食べすぎると痛風になりそうな濃厚さです。w


刺身もとっても美味しかったです。ポン酢でいただきました。



ただ、正直言うと、もうちょっと数を伸ばしたかったですね。

今シーズン、もう一度くらい行くかもしれません。



最終更新:2018-06-03 10:20:11





c 2014-2018 kamome.club