? 【マダコ】羽田沖⇔横浜港 今年の釣り納め 2019/12 kamome.club:電車で釣り!
kamome.club
kamome.club
電車で釣り♪主に東京湾


 釣りや海で遊んだことを書いているブログです。主に東京湾での釣りを紹介しています。



【マダコ】羽田沖⇔横浜港 今年の釣り納め 2019/12

コメント数:0件

今年の夏の東京湾のマダコは本当にすごかったです。

たくさん行ったので、トータルで100匹以上釣りましたw

我が家の冷凍庫は常にタコ・タコ・タコで、何度か妻からタコ釣り禁止令を言い渡されておりました。(^^;)


そして、いよいよ冬タコのシーズンになりました!

冷凍庫にはもうタコがないので、おもいっきりタコが釣れます。


冬のマダコはサイズが良く、正月用の食材としても重宝されます。


気持ちの良い正月を迎えられるよう、次回は立派なサイズのタコを釣りたいと思います♪


船宿は浦安の吉野屋さんにします。


吉野屋さんでは、テンヤ釣りとエギ釣りの両方楽しめるので、今回は両方の道具を持って行きます。


今回を2019年の釣り納めにしたいと思います!



■釣りまでの準備



タコ釣りの道具を準備します。


と言っても、テンヤは船宿で購入するので、主にエギ釣りの道具を準備しました。


エギ釣りの竿は固い竿が良いので、ヤリイカ用の竿を持って行きます。


リールには、PEライン3号を100mほど巻き、PEラインの先に、ナイロン10号のラインを50cmほど付けます。


仕掛けですが、専用のサルカンに、タコ専用のエギと40号のオモリ付けます。


エギ釣りの道具はすべて家に揃っているので、今回はいつもの上州屋さんに行く必要はありません。


今回の釣行で準備したものはこんな感じです。


①エギ釣り道具
 ・ヤリイカロッド
 ・リール(PE3号を100m)
 ・タコ専用エギ(4個)
 ・専用サルカン
 ・ナイロンリーダー10号

②タコを入れる網袋
 船宿でも買えます。

③ソフトクーラー
 釣ったタコは氷で冷やす必要はないので、扱いやすいソフトクーラを使っています。 

④指サック
 テンヤ釣りでは必須アイテムですね。これがないと指が痛くて苦痛以外の何物でもないです。

⑤ハサミ

⑥カイロ

⑦タオル

⑧ランチ(水、オニギリ)

④帽子


あとは暖かい服装とお金です!




■船宿到着


吉野屋さんには6時5分前に到着しました。


到着したら先ず、釣りもの別の釣り座ボードから空いている釣座の札をとります。

4隅はとっくに埋まっています。

まあ、この釣りは釣座が釣果にあまり影響しないので、どこでもいいんですけどね。


受付で、乗船料金とテンヤ代を払い船に向かいます。


まだあたりは暗いです。


船に乗り、今日の釣りの準備をします。


冬のタコ釣りは夏より根のキツイところを攻めるので、根掛かりしやすいエギではなく、先ずはテンヤを準備します。


今日の釣り人は、テンヤ釣り、エギ釣り半々といった感じです。



■出航


マダコ釣りの主なスポットは、東京湾一帯にあります。

船の進路から、今日は羽田・川崎・横浜方面に向かっています。



■釣り場に到着


釣り場に到着しました。

近場の羽田空港横で、思ったより早い到着です。


テンヤ仕掛けもスタンバイOKで~す!。








■釣り開始。


船長さんが開始音を鳴らしマダコ釣り開始です。


「ここは少し根掛かりするから気を付けて」とのアナウンス。


やはりテンヤにして正解でした。

エギの方々が次々と根掛かりし、エギをロストしていきます。



テンヤの釣り方ですが、仕掛けを底に落とし、テンヤ仕掛けを数センチ浮かせ小刻みに小突きます。

船を流していると海底の形状は頻繁に変わりますので、頻繁に底を取ってください。

テンヤが底から大きく離れているとタコは乗ってきません。

50cmくらいであれば大丈夫なようです。


タコが乗るとテンヤが重く動かなくなり、ムニュっとした感覚が伝わってきます。

タコは先ず足からテンヤに乗せてくるので、早合わせは厳禁です。

魚と違ってタコは逃げないので、安心してください。


タコが乗ったら、カニが抵抗する動きを再現する感じで軽く小突き続けながら、テンヤにタコがしっかり

乗るよう10秒待ち、大きく&力強く、一気に糸を引きます。


タコが掛かったら、緩めずに一定速度でタコを引き上げます。


針に返しがついていないので、緩めるとタコが外れてしまいます。


取り込みですが、大きくなければそのまま船内に引き抜けばOKです。


大きければ水面バレが結構あるので、タモですくってもらうようにしましょう。


もしバレたらすぐに仕掛けを落として小突き続けてください。

タコは餌に対する執着が強いので、高い確率で、また乗ってきます!




最初の場所で、すぐにタコが乗った感触が伝わってきました!!


10秒程小突き、タコがしっかり乗ったところで一気に糸を引きます。


重い!!


タコがばれないよいうに、一定速度で糸を引きます。


・・・そして、水面に見えてきたのは1kgサイズのタコです!


取り込みも無事成功し幸先の良いスタートです♪

タコ、ゲットしました~。



ただエギ釣り組が大苦戦のようで、場所を変えるようです。



ポイントに到着しました。


川崎港かな?



ここも根掛かりするようで、さっき程ではないですがエギ釣り組は苦戦中です。。


私はここで2kgサイズをゲットできました♪


その後、横浜港方面に移動。


ここは根があまりないポイントなので、もう終盤ですが折角なのでエギ釣りを開始します。


エギの仕掛け。




■釣り終了


14時半、船長さんから終了の合図。


今日の釣果です。正月用には十分な量です。



エギでも1匹釣れ、おもいっきり楽しめました~♪


今日はテンヤ組のほうが良かったです。


船室に入り、船宿への到着を待ちます。


船室の壁にはプロアングラーの児島玲子さんのサインが書かれていました。


16年位前のサインのようですが、このころは女性のプロって珍しかったんでしょうね。


児島さんは次の3月で引退されるようですが、うちの息子が日テレBSの釣りバカ対決の大ファンで、番組がどうなるかとても心配していました。
まだ小さいので沖釣りには行ったことはないですが、全ての番組の中でこの番組が一番好きなようです。

もっとも、児島さんではなく、いつも照英さんを応援しているのですが・・。(^^;)


船宿に到着し、ズッシリ重いタコをもって浦安駅に向かいます。


自宅に到着し、今年の釣りは終了です!!



■調理&食事


マダコを冷凍にすると、ヌメリは水で洗うだけで取れるようになります。


今日釣れたタコは全て冷凍し、正月美味しく頂きます♪


今年も家族の理解で、たくさん釣りに行くことができました。


本当に感謝&感謝です!!


最終更新:2019-12-31 11:19:39





c 2014-2019 kamome.club