? 【タチウオ】走水沖 冬タチウオで釣り納め♪ 2018/12 kamome.club:電車で釣り!
kamome.club
kamome.club
東京湾 電車で釣り♪


 釣りや海で遊んだことを書いているブログです。主に東京湾での釣りを紹介しています。



【タチウオ】走水沖 冬タチウオで釣り納め♪ 2018/12

コメント数:0件

今年もたくさん釣りに行くことができました。

2019年も、いっぱい釣りいけるといいな~w


さて、今年の釣り納め、折角なので好きな釣りもので締めたいと思いますが、好きな釣りものが多くて困ります・・。


数釣りのアジで締めるか、12月限定のタコに行くか・・。


うーん、どれも魅力的!!


いろいろ悩みましたが、冬の釣りもので大人気のタチウオで締めることにしました。


東京湾の冬は、良型のドラゴン級の引きを楽しめるタチウオ釣りにとって最高の時期です。


この冬まだ行っていないですしね。


タチウオ釣りは、ジグと呼ばれるルアーを使うジギングと餌釣りの2通りですが、好きな釣りはジギング。


次回は、ジギング釣りで有名な木場の吉野屋さんで今年の釣り納めをしたいと思います。


吉野屋さんは予約必須の船宿なので、電話で予約を入れます。


予約OKでした!




■釣りまでの準備


冬のタチウオ釣りは夏より深めを狙うので、重めのジグを用意します。


夏と同じく125gが主体ですが、潮が速い場合の150g、深場を狙う場合の200gを用意します。


そして今年の冬は浅場にもタチウオが出ているようなので、念のため、100g前後のジグも用意しておきます。


タチウオのジギングはお金がかかるのです(^^;)


明日の天気予報は晴れ。


でも今年一番の寒波が来ているそうです。


防寒対策をバッチリして出かけます!



■船宿到着


吉野屋さんには、6時前に到着。

今年一番の寒波なのに人がとても多い・・。


さすが大人気のタチウオ釣り!


寒さなんて関係ないようですw


吉野屋さんでは、先着順に船の座席にクーラーを置いて釣座を確保します。


当然のように良い席は空いていないので、胴の合間に席を確保。


その後受付に行き、船代を支払い、ライフジャケットを受け取ってまた船に向かい、出航までの時間は仕掛けの準備をします。



■出航


いよいよ出船です。


高層マンション群の中を進んでいきます。



天気は良いですが、外にいると風が当たって激寒なので船室に入ります。


今日のポイントは走水沖のようです。





■釣り場に到着


釣り場に到着しました。

走水沖に到着です。


東京湾名物、タチウオの大船団もいますね~。




■釣り開始。


船長さんから、”はじめてください。水深65メートル、底から15メートルくらいやってみてください”とのアナウンス。

あと、今日は潮が速いので、150gを使ってくれという指示もありました。

ここ数日は早く巻くより、スローに巻いたほうが釣果が良いそうなので、底から15メートルまでゆっくり目でリールを巻きタチウオを誘います。


(参考)タチウオのジギングはこんな釣りです。
⇒タチウオジギングの仕掛け・釣り方


活性が低いのか沈黙の時間が続きます・・。


最初の流しでは誰もタチウオを釣り上げることはできませんでした。


うーん、今日は厳しいか・・。


次の流しで、フォール時に何かがジグに食い付いた感触がありました。


リールを止めて&さっとあわせます。


あわせは成功したようです。


リールを巻きますがとても軽い感触です。何かついているのは確実ですが・・。


サバだったら横に走るはずですが、それもありません。


なんだろう??


アジ??


水面にみえてきのは・・・。


タチウオでした!!


細いタチウオのことをネクタイサイズと言いますが、このタチウオはそれより細いです。


サイズ的には、サンマかな・・・。


最初の1匹はサンマのようなタチウオでしたw


冬でもこんな小さなタチウオが釣れるんですね。


サンマのようなタチウオ。



その後も船中、なかなかタチウオはあがりません。


魚探には良い反応が出てるよ~と船長さんが言っているので、今日はとっても活性の悪い日のようです。(^^;)


それでもチャンスはやってきました。



先程と同じくフォール中に、ふっとジグの重さが軽くなりました。


ここですぐにリールを止めて、素早く糸を巻きあわせます。


あわせ成功!!


ずっしりとした重さが伝わってきます。


これはかなり重い・・、良型です♪


重いタチウオを70メートル下から巻き上げるのは重労働ですが、テンションがあがります!!


あと20メートル、あと10メートル、あと5メートル・・。


水面に見えてきたのは・・・、


やはり良型のタチウオです!!


無事船中に取り込み、貴重な良型タチウオをゲットです♪


良型です!



その後も渋ーい時間が続きます。。


終了1時間前、船長さんから場所を浅場に移動するというアナウンスがありました。


40メートルくらいの浅場で釣るので、ジグのサイズは100gくらいということでした。


ちょっと軽めの80gのジグを準備しました。



浅場のポイントですが、横浜港でした。



この時期だと、アカメフグやタコで来る場所です。


横浜港って、タチウオも釣れるんですね。


この場所では、船中何本かタチウオがあがったようですが、私はゲットできませんでした。。

でも、ジグにしっかり噛み跡があったので、腕がまだまだということですねw



■釣り終了


船長さんから終了の合図がありました。


結局今日の釣果は4匹でした。


活性が悪い中、良型が釣れたので良しとします。


今日の釣果



船宿に到着し、最寄り駅の木場駅に向かいます。


無事家に到着し、今日の釣り、そして今年の釣りはこれで終了です!




■調理&食事


今日の料理は、刺身、塩焼きにします。


料理、できました!


やはり冬のタチウオは脂の乗りがすごく、刺身も塩焼きも絶品です♪

家族の一番人気は刺身でした。


来年も引き続き、このブログで釣行をご紹介していきます!

最終更新:2018-12-31 19:51:39





c 2014-2019 kamome.club