カタクチイワシ

home

カタクチイワシ

煮干で食卓に。関東ではシコイワシでおなじみ。

★所属:カタクチイワシ科

鮮魚より、煮干し、みりん干し、アンチョビーなど加工品でおなじみ。

【大きさ】:10cm程度。
【エリア】:日本沿岸。


■釣り
防波堤などから、サビキで釣る。群れで回遊するため、群れに当たると爆釣モードに突入する。
簡単な釣りのため、ファミリーフィッシングの対象魚として人気。

また、大型魚のエサとして使われることも多い。


■料理
新鮮なものは刺身で食べるのが美味。カルパッチョもおすすめ。
幼魚は「しらす」として食用される。


■加工食品
加工食品の原材料としてもよく利用される。煮干し、畳いわし、目刺、アンチョビなど。

c 2014-2018 kamome.club

Back

釣り

サビキ釣りが一般的。群にあたるとたくさん簡単&たくさん釣れるのでファミリー向けの釣り。

   ■10月~2月

サビキ釣り

アジ・サバ・イワシなどを狙う、釣り。

サビキ釣りのイメージ。堤防などから狙う。



氷締め

海水に氷を入れて、魚を冷やして保存する方法。小さなアジ、サッパなどの小魚向け。



関東の海釣り施設

関東エリアの海釣り施設

カタクチイワシが釣れるスポット 



c 2014-2018 kamome.club

Back

カタクチイワシの美味しい時期は?

   ■11月~2月

カタクチイワシ科の旬

カタクチイワシ科の魚の旬



c 2014-2018 kamome.club