黒川本家

home


黒川本家

【横浜市中区】新山下の老舗の船宿。

元町・中華街駅から、徒歩で5分ほどの船宿。車でも電車でも便利にアクセスできます。

お店の場所、注意事項、前の日までの釣果などはサイトで確認できるので、先ずはサイトをチェックしてみてください。
特に、マゴチ、スミイカ、LTマアジに力を入れているようです。

釣りの流れですが、一般的な船宿と同じで、事前に電話で釣りたい魚の船を予約し、当日の朝、指定された時間にお店まで行きます。
店内の受付で、予約時に伝えた名前、竿を借りるかどうかを伝え、お金を払い、空いている座席から、釣座を決めます。

その時に、仕掛けが必要であれば、仕掛けも購入。 竿(必要であれば)、救命胴衣を借り、クーラーに氷を入れてもらったら、船着き場にも行き、乗船します。

ここの店員・船頭さんは親切なので、わからないことがあれば直ぐ聞いてみてください。

<黒川本家>
■TEL:045‐622‐9772
サイト
■場所:元町・中華街駅5番出口から徒歩4分。
神奈川県横浜市中区新山下1 横浜港新山下

c 2014-2017 kamome.club

Back

釣り体験

黒川本家さんでの釣り体験。

【マアジ】本牧沖釣り報告 2015/9

船釣りで人気の高い、マアジ釣り。
マゴチやカワハギと違い、ヒットすると勝手に釣り針に掛かってくれるので、初心者でも楽しめます。


陸からだと、ほとんど小さなアジしか釣れないので、一度船でトライしてみることに。



■釣りまでの準備

気軽にいけるところがいいなぁと思いネットで探すと、正午から夕方まで船をだしている横浜の船宿を発見。
釣り場は横浜本牧沖で出船から20分ほどで釣り場に到着らしい。


早起きせず、船に乗っている時間も短い、かつ駅近!
こういう船釣りもあるんだと感心し、明日行くことにしました。

サイトに、2時間前までに予約してと書いてあったので、当日の午前中に電話で予約。


早い昼食をゆっくり食べて、最寄り駅の「元町・中華街駅」へ向かいます。
駅出口から徒歩5分ほどで、今日お世話になる、「黒川本家」に到着。





■釣り宿到着

受付でお金を払い、船の空き座席の札を受け取り、乗船名簿に記入します。

釣り方は東京湾でメジャーなビシカゴ釣り。
ただ、仕掛けが無かったので、2本バリの仕掛けを受付で買いました。


受付を後に、船着き場に向かいます。
船着き場は高速道路の下。さすが横浜ですね。






船着き場についたら、札の座席に座り、竿とリールを取り出し準備開始。

途中、お店の人が座席まで、ビシカゴ、撒餌のイワシのミンチ、餌のアカタンを配りに来ました。






半日の釣りだからか、アカタンが少ないような・・。
途中無くなったらもらえるのかな??
(注:写真にアカタンはうつっていません。)

いよいよ出航です。



■出航

出航してすぐに横浜ベイブリッジが見えてきました。





ベイブリッジを真下から見たのは初めてです!!





途中、超満員の本牧海釣り公園を横目に進んでいきます。






今日あそこに行っていたら待ち時間凄そうだな・・・、と思いつつ、ゆっくり釣りができる船釣りの良さを実感!




■釣り場に到着

さあ、ポイントに着きました。

出航から約20分。早い!




■釣り開始。

船長さんから、底から2~3mを狙ってくださいとのアナウンスがあり、釣りを開始します。




ビシカゴ釣りは、アジをおびき寄せるため、ビシカゴの中の撒餌が海の中で散らばるように、竿を振ってビシカゴを揺らすことが重要です。
底から3m付近で、竿をシュッ、シュッとシャープに振ります。


うーん反応なし。
最初のポイントでは、船内誰もあたりがありません。


今日は渋いのかな??



次のポイントもあたりがなかったので、5分ほど離れた別ポイントに移動します。


船長さんから、ここは根がかりに注意してください、とのアナウンス。



早速、近くの人が根がかり。



気を付けないと、と思った矢先に自分も根がかり。


なんとかビシカゴは無事でしたが、針が1本無くなったので、仕掛けを交換します。


ここの海底は起伏があり、注意していないと、船で流しているうちに、根に掛かるようです。


今度は、底に気を付けながら釣ります。


すぐに、ググーっと引っ張られるあたり。

これはカサゴでもなく、サバでなく、きっとアジ!!(と、思う。)



海面に、待望のアジの姿が!

アジの口は切れやすいので慎重に取り込みます。




初アジをゲットしました。キレイなマアジです。







気分を良くし、すぐに仕掛けを投入。


来ました!   ・・・チビカサゴ。。
これは即リリースです。




今日のアジの活性はいまいちらしく、たまに釣れ、沈黙、たまに釣れ、沈黙の繰り返し。


そうしているうちに、船長さんから終了の合図。


カサゴはすべてリリースしたので、小さなアジを入れて、釣果は5匹。。


アジってこんなに釣れない釣りだったっけ????


まわりの人も、マゴチ釣りみたいだった、と笑いながらの自虐コメント。


活性が重要ということが改めてよくわかりました。




船を下り、携帯用リセッシュで服についた臭いを消して駅に向かいます。
人ごみの横浜駅での乗り換でも、臭いは気になりません。


そして無事家に到着し、今日の釣り終了。






さあ、いよいよ調理。






今日は数が少ないので、少し刺身をつくり、残りは、なめろうに。


なめろう出来ました。



今度は活性の高いときにリベンジですね。





c 2014-2017 kamome.club

Back

東京湾の風・波予報

沖釣り前に要チェック!

東京湾の風・波予報


海天:東京湾の風・波予報




c 2014-2017 kamome.club