シログチ

home

シログチ

釣り上げるとグーグー鳴く。関東ではイシモチ、関西ではグチ。

★所属:ニベ科

皮の銀色の粉の部分に臭みがあるので、料理のときは銀色の粉をしっかり取るのがポイント。
よく似た、ニベは11月~2月が旬。

【大きさ】:40cm程度。
【エリア】:東北以南。

■釣り
投げ釣りで、キスやカレイと同じ仕掛けで釣れる。時期によっては爆釣モードに突入するくらいよく釣れる。
簡単に釣れる魚なので、ファミリーフィッシングの対象魚として人気。

■料理
白身のくせのない身で、刺身でも焼いても美味。
刺身、塩焼き、フライが美味。

■加工食品
高級かまぼこの原材料として利用される。
小田原カマボコになくてはならない食材。

c 2014-2019 kamome.club

Back

釣り

釣り上げるとグーグー鳴きます。

   ■年中

【youtube】シログチ釣り動画

youtubeにアップされたシログチの釣り動画です。




    関東の海釣り施設

    関東エリアの海釣り施設

    イシモチが釣れるスポット 



    c 2014-2019 kamome.club

    Back

    体験

    シログチに関する体験・報告。

    【イシモチ&キス】小柴沖&中ノ瀬釣り報告 2016/02

    門前仲町の富士見屋さんで、イシモチとシロギスのリレー釣りができるという情報をネットで発見。

    イシモチもシロギスも東京湾釣りの名物。

    今の時期のシロギスは大きいので、刺身、天ぷらにするときっと美味しいはず♪

    ということで次の週末はイシモチ&シロギス釣りに!



    ■釣りまでの準備


    釣りの仕掛けは船宿に売っているので、準備したのは、竿、リール、ハサミ、ナイフ、タオル、クーラー(ソフトタイプ)。


    今回も、クーラー以外、リュックに余裕でおさまりました。


    富士見屋さんは予約がいらないので、当日の朝、直接富士見屋さんに向かいます。
    出航が7時半なので、7時までに到着できるよう家を出ました。

    富士見屋さんの最寄り駅は東西線の門前仲町駅。
    門前仲町駅から徒歩で約10分で到着します。



    ■船宿到着


    船宿に到着し、受付で料金(8500円+仕掛け代)を払い船に向かいます。

    購入した仕掛けは、おもり15号の天秤仕掛けでした。

    イシモチの仕掛けは20号のおもりを使う胴付で、これはイシモチ釣りの時に、船上でもらえるそうです。




    ■出航


    この日は小柴沖と中ノ瀬での釣りです。

    小柴沖ではイシモチ、中ノ瀬ではシロギスを狙います。


    船は都心の真中を進んでいきます。

    この風景を楽しめるのも東京湾釣りのいいところですね。





    ■釣り場に到着


    出航から1時間20分くらいで小柴沖の現場に到着。






    波はちょっとあるほうかな?

    でもそんなことより、とても寒い!!!(^^;)

    最初はイシモチなので、胴付の仕掛けをもらい、イソメをつけて、準備完了。


    イソメ付け方ですが、頭の固いところにチョンと針を刺してかける、いわゆる、ちょんがけ。
    この付け方だと、イソメが水の中で回転せず、絡み防止にもなるそうです。





    ■釣り開始。


    船長さんから、「はじめてください。」とのアナウンス。


    いよいよ釣り開始です!



    ・・・・・。

    無反応。

    イシモチなので、数釣れるかな?と期待していましたが、全くあたりがありません。。


    船長さんが、すぐにその場所に見切りをつけて移動します。

    今日は移動するときの風が冷たい。。


    移動した場所で釣り再開。


    コツコツ、という反応が。


    暫くそのままにしておくと、竿がしなる重さに!

    乗りました!!!


    リールを巻き、水面に銀色のイシモチが見えてきました。


    無事取り込み、本日初GETです♪





    それからは順調に釣れ、イシモチが20匹くらいに。
    イシモチは数が釣れるから面白い!

    ただ、家帰ってから捌くのが大変という悩みもありますが・・。(^^;)


    イシモチ釣りは12時前には終了し、今度はシロギスです。


    シロギスのポイントには20分ほどで到着しました。

    仕掛けをシロギス用の天秤仕掛けに替え、イソメを付けて準備完了。
    シロギスも、イソメの付け方はちょんがけです。


    船長さんから、「はじめてください。」とのアナウンス。


    第1投目、いきなり、ビクビクッ、という感触。


    お、来たか?


    ・・・・。

    うん?


    バレました。(笑)



    第2投目。


    ・・・・・。
    またバラシ。(^^;)


    キス釣りってこんなに難しかったっけ?
    掛かるまでじっと待つのはよくないとか・・??



    第3投目。


    ビクビクッという感触。

    今度はゆっくりと仕掛けを持ち上げる聞き合わせ。


    重い引きにかわりました!

    リールを一定速度で巻き、海面にシロギスが見えてきました。


    丁寧に取り込み、シロギスGETです。






    それからは順調に釣れ、シロギスも十数匹の釣果。


    途中、こんな外道も釣れましたが・・・。



    マゴチ釣りの特エサ、イトヒキハゼ。





    大物外道のホシザメ。





    この後、ホシザメくんは海にお帰りいただきました。






    14時過ぎに、船長さんから終了の合図。



    イシモチやシロギス釣りの割に数は少なかったかもしれませんが、今日は満足いく釣果。

    でも、帰ってから捌くのが大変・・・。(^^;)




    船着き場に到着し、船宿に戻ると、ケンチン汁が用意されていました。

    こんな激寒な日にはとってもありがたいサービス。
    本当に体が温まります。

    また帰り際、自家製のおかかもお土産にもらいました。

    このおかか、とても美味しく、以前もらった時も家族に大好評でした。



    ケンチン汁で体が温まったところで、東西線門前仲町駅に向かいます。


    今日はクーラーが重い!

    門前仲町駅に到着し、電車に乗ります。

    東西線、混んでいます。

    無事家に到着し、今日の釣り終了。




    今日の釣果。ボケボケの写真ですみません。。





    早速調理します。


    一気に全部食べられないので、今日食べる以外のイシモチは、ウロコ、頭、内臓をとって、冷凍庫に保存。


    当分の間、私の朝食は焼いたイシモチです。


    今日食べるイシモチ、キスは、三枚におろし、天ぷらタネと刺身に。


    天ぷらのタネ





    イシモチの刺身は釣り人の特権。ウマい!
    キスの刺身もいけます。


    天ぷらはどちらもおいしいですが、個人的にはキスのほうが好きかな?
    ワインもグイグイすすみます。(*^^*)



    暖かくなったら、またイシモチ&キス行こうと思います!
    今日は楽しかった♪



    c 2014-2019 kamome.club

    Back

    料理

    シログチの料理に関する情報です。

    【youtube】シログチの捌き方

    youtubeにアップされたシログチの捌き方です。




      c 2014-2019 kamome.club