マサバ

home


マサバ

昔は大衆魚。今は高級魚。

代表的な南北回遊魚。日本の食卓に無くてはならない魚。

【大きさ】:50cmくらいに成長。
【エリア】:日本沿岸。


■釣り
サビキや、ビシ釣りなどで狙う。ヒットすると、サバの横走りといって広い範囲を強い引きで泳ぐので、隣の人の仕掛けとおまつりしないようご注意を。


■料理
焼きサバやサバの味噌煮でお馴染みの魚。

釣り上げてから痛むのが早いので、寿司や刺身で食べるときはシメサバにして食べるのが一般的。
ただ、釣って直ぐにしめたサバは生の刺身で食べることができ、生の刺身は釣り人の特権と言われる。

また、関サバなど、一部のブランドサバも生の刺身でも食べることができる。

マサバはゴマサバに比べて脂がのっていると言われるが、季節にもよる。


■代表的な回遊魚
サバは季節によって広範囲なエリアを群れで回遊する魚で、太平洋の代表的な回遊群では、関東から北海道までのエリアを回遊している。

また、回遊せずに湾などに定着したサバのことを瀬付のサバと呼び、脂がとてものっていることからブランドサバになっているものもある。

c 2014-2018 kamome.club

Back

釣り

サビキ釣りが一般的。 サバは傷みがはやいので、サバ折りなどで釣ったらすぐに締めるのがおススメ。

   ■6月~11月

サビキ釣り

アジ・サバ・イワシなどを狙う、釣り。

サビキ釣りのイメージ。堤防などから狙う。




サバ折り

痛みの早いサバを締める方法のひとつ。サバの頭を外側に折り、海水で2分ほど血抜きする。

さらに、エラと内臓をとるやり方もあるが、その場合は身が傷まないように、海水につけないよう注意する必要がある。




【youtube】マサバ釣り動画

youtubeにアップされたマサバの釣り動画です。





【アジ・サバ】ビシカゴ釣り

船から、アジ、サバ、カサゴなどを狙う釣り方。撒餌(コマセ)を入れたビシカゴに、エサをつけた2本、もしくは3本針の仕掛けをつける。


2本仕掛け


ビシカゴは40号




魚がいる深さ(棚)までビシカゴを沈めたら、そこで竿を大きくしゃくってコマセをばらまき、魚を誘う。

棚は、底から2~3メートル。

エサは、1cmほどに切ったアオイソメ。

食紅で赤く染めたイカ(赤タン)もよく使われる。


アジやサバは向こうから仕掛けに掛かってくるので、初心者向けの釣りです。


魚がかかるまでコマセをまめに変えて頑張りましょう。





関東の海釣り施設

関東エリアの海釣り施設




c 2014-2018 kamome.club

Back

ブランド鯖

地方によっては、地のマサバを高級ブランド化に。

ブランドマサバ

地域ブランドになっているマサバ




c 2014-2018 kamome.club

Back

料理

マサバの料理に関する情報です。

サバの郷土料理

サバを用いた郷土料理。




【youtube】サバの捌き方

youtubeにアップされたサバの捌き方です。






c 2014-2018 kamome.club

Back

南北回遊(太平洋系群)

関東から三陸沿岸に分布する南北回遊群

   ■1月~5月
   ■6月~11月
   ■7月~10月
   ■5月~6月

c 2014-2018 kamome.club

Back

南北回遊(日本海北部系群)

日本海北部から北海道南部にかけた南北回遊群

   ■7月~10月

c 2014-2018 kamome.club

Back

南北回遊(対馬暖流系群)

東シナ海北部~日本海に分布し、冬場に東シナ海の最北端にあたる済州島沖漁場のものは脂ののった「寒サバ」として有名

c 2014-2018 kamome.club

Back

【体験】

サバに関する体験・報告。

【トロサバ】釣り報告 2014/11

最近なかなか釣りに行けなかったのですが、サバの季節もそろそろ終わりなので、トロサバ釣りに行ってきました。

釣りは、東京木場の吉野屋さん。前日に電話で予約しました。(貸し竿も一緒にお願いしました。)

釣り方は、撒餌をカゴに入れてエサで釣る、東京湾でおなじみのビシ釣りとのこと。

■釣りまでの準備
当日は竿もビシカゴも貸してくれるので、釣りに持っていったものはこんな感じです。

①クーラー
 今回はソフトタイプのクーラーを持って行ったので、行きは折りたたんでリュックに入れていきました。

②針
針は3袋(1袋2針)。
もっとも、船宿にも1袋300円で売っていました。



③ハサミ
釣り糸を切るだけなので、安物のハサミを準備。

④タオル2枚
釣ったサバを取り込む時に掴む用と、汗を拭く用の2枚。

⑤船上での飲食
セブンイレブンで、ペットボトルのお茶を購入。

ということで、リュックに余裕でおさまりました。


■釣り宿到着
予約の電話で、14時半出航のため、14時まで来てくださいと言われていましたが、いい場所をとろうと13時40分過ぎには到着。それでも結構人がいました。

サバの横走りと言われるくらい、釣れたサバは広い範囲で泳ぎまわります。
そのため、隣の人の仕掛けとおまつりすることが多く場所取りは重要となります。

受付で貸し竿を含めた料金を払い、貸しライフジャケット(無料)を着て船着き場へ向かいます。

途中クーラーに氷を入れてもらい、いよいよ乗船ですが、既に5人の釣り人が乗船待ちしていました。最後方はすぐに埋まってしまったので、船の最先端にポジショニング。



■出航
この日はアクアラインの風の塔に向けて、出航しました。

都心の真ん中を船で進んでいきます。







現場に着くまで30分ほどですが、この日は待合室に入らず、ずっと船上に。

いよいよ、風の塔が見えてきました。



■釣り場に到着
船長さんから、水深と狙う深さのアナウンスがあり、いよいよ釣り開始です。

まず仕掛けですが、撒餌を入れるカゴ(ビシカゴ)に3本針をつけるだけというシンプルな仕掛け。



次に餌の赤タン(イカの切り身に赤い色をつけたもの)を針につけるのですが、イソメや生餌をつけるのはちょっと・・・、という方にはとても良いエサだと思います。



そして、カゴに撒餌を8割くらいつめて準備完了です。


■釣り開始
船長さんから、水深25メートル、棚(狙う深さ)10メートルと言われたので、10メートル程の深さまでカゴを沈めます。
だいたい、海に入れてから8秒くらいがめどになります。

10メートルまでしずめたら、ギュッ、ギュッと竿を2~3回大きく上げ下げし、撒餌がよく散らばるようにします。
その撒餌に引き寄せられたサバを、赤タンがついた針で釣りあげるという感じです。


第1投目、残念ながらヒットなし。。
カゴの撒餌もありません。


第2投目、来ました!グッと沈む強い引き。サバです!!
横走りで隣の方の仕掛けとおまつりしないよう、一気にリールを巻き上げます。

カゴが海面に顔を出したらリールの巻き上げをやめ、竿を横に置き、そこからは釣り糸を直接手で手繰り寄せます。






サバは直ぐに身が傷むので、釣れたらすぐに締めます。
今回は、釣れたサバ全てサバ折りにしました。

バケツの中でサバのエラに手を入れ。頭を後ろ側に強く倒し、首骨を折るようにします。そうすると血が出てくるので、1~2分そのままバケツに入れておきます。

血抜きができたら氷の入ったクーラーに入れて完了です。


途中棚が5メートルになったりしましたが、ずっと同じ場所で釣り続け、結局12匹の釣果でした。


中には、ルアーでシーバスやアジを釣られている方もいらっしゃいました。

17時30分に、船長さんから終了の合図。

木場までは高速走行なので、通常は待合室でゆっくり休憩ですが、今回は先頭にいたので高速走行中も海水がかからないので船上に。

途中、東京ゲートブリッジの下を通ります。海上から見る東京ゲートブリッジはいつ見ても壮観です。

船を下り、ライフジャケットと貸竿を返却し、クーラーに氷を入れてもらい、本日のトロサバ釣りは終了です。

家に帰り、先ずは釣り人の特権、サバの刺身をつくりました。
これは感動的にうまい!

ほかのサバはフライ、焼きサバにし、残ったサバは頭とエラをとって冷凍庫へ。

冷凍したサバは後日焼きサバにします。

焼きサバだと解凍せずにそのまま焼けばよいので脂が乗った状態で美味しくいただけます。

サバ釣りは簡単な釣りなので初心者でも十分楽しめます。
実際、当日初心者の方もいらっしゃいましたが、かなり数を釣られていたようです。

実はこの時期のトロサバは、魚屋さんで買うとなんと1匹4000円もするそうです!


来年も是非サバ釣りに行ってみたいと思います。(^^)




c 2014-2018 kamome.club

Back

マサバの美味しい時期は?

   ■9月~11月

サバ科の旬

サバ科の魚の旬




c 2014-2018 kamome.club