kamome.club
kamome.club kamome.club
東京湾 電車で釣り♪

釣行記
電車釣行
波風予報
釣り場
船宿

【船釣り】魚別の釣り方



【マゴチ】泳がせ釣り




小さな車エビやハゼなどを餌にマゴチを釣る釣り方。

船で釣る場合は、オマツリを避けるため、PEラインはあまり太くせずに、1号~2号にします。リーダーはナイロンだと5号程度を1.5mくらいつけます。
竿ですが、短すぎるとあわせが難しくなるので、2mくらいの竿があるとよいです。最低1.5mくらいあれば大丈夫です。


棚の取り方


底におもりがついたら、1mほどおもりを上げます。私のリールだと、2回転まわすくらいです。


仕掛けの写真



餌のつけ方



エビは口から針を刺し、針鍵を出しきらないくらいで頭の後ろから針をだします。そうすることにより、エビの泳ぎが安定します。
このとき、黒い色の脳を刺すと絶命しますので、気をつけてください。
マゴチは死んだ餌は見向きもしません。


ピンぼけ写真ですが、こんな感じでつけます。



ハゼは上唇に針をかけてください。

マゴチ釣りはあわせが難しいと言われます。
マゴチがエビをとらえると、最初は、コツっ、コツっ、という感触が竿から伝わってきます。
そのあと数秒してから、グーとひっぱられるような感触があり、そのままにしておくと針のあるエビの頭部のみ食べ残しマゴチは去ってしまいます。

あわせるのは、グーとひっぱられるような感触のあとで、竿を一気に上に持ち上げて、マゴチの硬い唇に針を刺します。その前に竿を持ち上げると、針がマゴチの口の中に入っていないのでスッポ抜けます。あたりがあってからあわせるまでの時間ですが、だいたい7秒から10秒くらいが多いと思います。餌の大きさ、マゴチの大きさによって時間はかわります。

最終更新:2015-05-20 04:32:14







c 2014-2018 kamome.club