? 【オニカサゴ】洲崎沖 前回ボウズのリベンジ釣行 2017/02 kamome.club:電車で釣り!
kamome.club
kamome.club kamome.club
東京湾 電車で釣り♪

釣行記
電車釣行
波風予報
釣り場
船宿

釣りや海で遊んだことを書いているブログです。主に東京湾での釣りを紹介しています。





【オニカサゴ】洲崎沖 前回ボウズのリベンジ釣行 2017/02

コメント数:0件

先月初めてチャレンジしたオニカサゴ釣り。

絶品と言われるオニカサゴ鍋を食べたかったのですが、見事にボウズ。

オニカサゴらしいアタリはあったものの、まさかのバラシ・・。

前回のオニカサゴ釣リ


こうなると、リベンジして、絶対オニカサゴ鍋を食べてみたくなります。(^^;)


オニカサゴの釣りシーズンは冬。鍋が美味しいのも冬!!

暖かくなる前に行かないと・・・。


ということで、次回は浦安吉久さんで、オニカサゴ釣りに再チャレンジです。



■釣りまでの準備


オニカサゴ釣りは、200mくらいの深さを狙うので、電動リールが必須です。

ただ、残念ながら電動リールはもっていないので、前回の釣りは貸し竿で挑みました。


今回の釣りはリベンジ!

気合を入れるため、電動リールを購入することにします。(^^)


電動リールの知識は全くないため、ネットの口コミや電動リールを使っている人に聞いたところ、

シマノのフォースマスター3000が良さそうということがわかりました。

ただ、フォースマスター3000は結構大きいので、電車釣行派としては、もうちょっと小さいサイズにしたいところ。

フォースマスター3000は、キハダマグロを釣れるくらいのパワフルさ。

うーん、そこまではいらないかな・・。

いろいろ悩みましたが、コンパクトながら、3000クラスの強さがあるという、フォースマスター2000の2016年モデルに決めました。

最新モデルだから、かなり期待できるかも♪

フォースマスター2000(2016モデル)



あと、電動リールのバッテリーも買うことにします。

こちらもシマノで、コンパクトな電動丸というバッテリーを購入しました。


バッテリーの専用ケースも購入!

もっとも、船には電動リールの電源があるので、必須かと言われるとそうではないのですが、気合入れのためバッテリーも購入です!

バッテリーは購入時に60%充電された状態ですが、明日の釣りに備えて、当然フル充電にします。

また、バッテリーに電動リールのケーブルを付け、動作することも確認できました!


明日の釣りが楽しみです!



■船宿到着


船宿には、6時00分頃に到着。船宿へは東西線浦安駅から徒歩6~7分です。


席札ボードのところに行くと、前回と違い、そう混んではいないようです。(^^)

前回は満席状態で、オマツリが多発しました。


今回は大丈夫かな?

船に乗ると、自分の釣り座に、ロッドキーパーをつけ、ちょっと前に買ったヤリイカ竿に電動リールを取り付けます。

バッテリーもスタンバイさせます。


船長から、餌のサバとスズキの切り身を受け取り、これで準備万全です!




■出航


さあ、いよいよ出航です。

ポイントの洲崎沖はかなり遠く、2時間くらいかかります。

剣崎を超え、そろそろ洲崎沖に近づいてきたので、バッテリーのスイッチをオンにします。

電動リールの液晶画面がオンになります。

後はポイントについて、仕掛けを投入するだけです。


が・・・、


あれ??


電動リールの液晶画面が消えてる・・。

バッテリーを見ると、充電量を現す5つのランプ(充電量60%だと3つ、100%だと5つ点きます)が、ランダムにピコピコ点滅しています。

これってトラブル????


もうすぐポイント、かなり焦ります。


200mの深さの釣りで、リールを手で巻くのはあり得ないです。。(泣)

いきなりの製品不具合??


ただ昨晩動作チェックした時はOKだったし・・、


もしかするとショートかな??

電動リールとケーブルの接続部分を確認すると、海水で濡れています。


これか!!

接続が甘かったため、水が入ったようです。

入った水を丁寧にふき取り、再度リールにケーブルを接続し、バッテリーの電源をオンにすると・・・、


点きました!電動リールの画面が点きました!!!

電動で糸も巻けます。v(^^)


ふー、よかった・・・。一安心です。

今度は水が入らないよう、しっかり接続します。

復活しました。。(^^;)




■釣り場に到着


復旧の数分後、釣り場が決まったらしく、いよいよオニカサゴ釣りです!

遠くに大島が見えます。





■釣り開始。


船長さんから、「どうぞ、170m。」とのアナウンス。


暫くして、近くの人の竿にヒットがあったようです。


海面にあがってきたのは・・・、


オニカサゴです!


ただ、サイズが小さかったようで、残念ながらリリースです。


25cm以下のオニカサゴは、資源保護のため、リリースしないといけないルールとなっています。


しかし、開始早々オニカサゴの顔を見れ、期待が増します♪


そして、こちらの竿にも、魚のアタリの反応がありました。


オニカサゴは、すぐにあわせてはいけないので、次にアタリがあったときに、しっかり合わせます。


再度アタリがあったので、グッと竿を持ち上げて合わせます。


竿がしなり、重い感触です♪

電動リールのスイッチをオンにします。


これはオニカサゴかも?

海面に見えたのは・・・、


うん?


小さなユメカサゴ・・。


ユメカサゴと一緒に、サンゴのようなものがついています。


だから重かったのか・・。


残念ながら、オニカサゴではありませんでした。(^^;)



この場所でキープサイズのオニカサゴは上がらなかったようで、船長さんがポイントを移動します。


次のポイントでは、開始早々、常連さんらしき人が、40cmクラスのオニカサゴをゲットしました。


立派なオニカサゴ。羨ましい・・。


暫くして、竿に、グン、グン、というアタリの感触が伝わってきます。

明らかに魚の感触♪

次の本アタリを待ちます。

先程より強い引きのアタリがありました!


ここで竿を大きく持ち上げあわせます!!


竿が大きくしなり、素早く電動リールのスイッチを入れ、巻き上げます。


これはとても重い!!!


途中、何度が強い抵抗をみせます。


これはチビユメカサゴではない!!


船長さんにタモの準備をお願いし、水面に現れたのは・・・


良いサイズのオニカサゴです!!


無事タモに収まり、初のオニカサゴゲットです。


釣れたオニカサゴ。大きさは37cmでした。



毒針に注意しながら、針を外します。


先程のユメカサゴと比べると、全然大きさが違います。



その後、追加の一匹を期待しましたが、沈黙モードに突入。


終了間際、230mの深場を探ってみますが、そこも沈黙・・。





■釣り終了


そして、船長さんから終了の合図。今日も活性が低かったようです。


まあ、良サイズのオニカサゴが釣れたので、個人的には満足です。

絶品鍋が食べられます♪


ただ、これから船宿まで2時間の船旅。。


この釣りは、ポイントまでの往復時間と、釣り時間がほぼ同じ。


まあ、それだけ価値のある魚ということですね。


そして船宿に到着。うーん移動時間が長いからか、疲れました。(^^;)

すぐに、東西線の浦安駅に向かいます。


無事家に到着し、今日の釣り終了。



■調理&食事


釣れたオニカサゴですが、常連さんから聞いたアドバイスに従い、一日冷蔵庫で寝かします。

寝かすため、オニカサゴを捌きます。

先ずはキッチンバサミで、オニカサゴの毒針をすべて切り取ります。

オニカサゴの毒針ですが、切っても刺さると毒が体に回るので、新聞紙にくるみ、2重にしたビニール袋に入れて捨てます。

家族が触らないよう、袋に”オニカサゴの毒針”と書きます。


毒針をすべて切り取り、安全になったオニカサゴを三枚におろします。

身は刺身用、頭や骨は鍋用です。


胃袋と肝は捨てずにとっておきます。

また、胸ビレと尾ビレはヒレ酒にできるので、こちらはキッチンペーパーの上に置き、乾燥させます。


明日の夜が楽しみです!!


そして翌日、いよいよオニカサゴパーティーです♪


日本酒も用意しました!!


先ず鍋ですが、なるほど、絶品! 白濁しています。



刺身はオニのような盛り付け。子供はお情けの薄ウケ・・。



胃と肝で珍味。

こちらですが、沸騰したお湯に、胃を2分入れ、取り出してすぐに氷水で締めます。肝は10秒沸騰したお湯に入れ、同様に、氷水で締めます。
胃は細目に、肝は一口大に切り、ポン酢でいただきます。触感&味がとても面白いです♪


ヒレ酒も旨い!



本当に釣れてよかったです!!

リベンジ成功♪


最終更新:2017-02-09 17:11:02





c 2014-2018 kamome.club