? 【カワハギ】第二海堡⇔竹岡沖 カワハギシーズンスタート! 2019/09 kamome.club:電車で釣り!
kamome.club
kamome.club
電車で釣り♪主に東京湾


 釣りや海で遊んだことを書いているブログです。主に東京湾での釣りを紹介しています。



【カワハギ】第二海堡⇔竹岡沖 カワハギシーズンスタート! 2019/09

コメント数:0件

9月になり、待ちに待った釣りものがスタートとなりました。

東京湾の大人気釣りもの、カワハギ釣りです。

新鮮な肝をあえた刺身は最高ランクの美味!

釣り人だけが味わえる東京湾の秋の味覚です♪


ただ、一足先にスタートしていた船宿の釣果を見るとちょっとさえない感じです。

というか、ザ・不調。(^^;)


今シーズンのカワハギは厳しいかもしれないですね。。


そんな厳しい状況でも、行ってみたくなるのが釣り人というもの。


撃沈かもしれませんが、今週末は肝パン求めてカワハギ釣りに行ってみます!


船宿は浦安の吉野屋さんにお世話になります。



■釣りまでの準備



カワハギ釣りの道具はすべて自宅にそろっています。


今回はいつもの上州屋に行く必要はありません。


明日は頑張ります!!


(参考)カワハギ胴突き釣りはこんな釣りです。
⇒カワハギ胴突き釣りの仕掛け・釣り方




■船宿到着


船宿には、6時過ぎに到着しました。

受付で、船代のお金を支払い、船着き場に向かいます。

餌のアサリは船の中で貰いました。


餌のアサリと仕掛けです。




■出航


カワハギ釣りのポイントは竹岡沖です。

竹岡沖には、約1時間半くらいで到着します。


今日は凪予報、カワハギ釣りにはもってこいのコンディションです!




■釣り場に到着


ポイントには思ったより早く1時間程で到着しました。

竹岡沖ではなく、もっと手前の第二海堡でした。。



ここもカワハギのポイントなんですね。

はじめて知りました。


ただ、第二海堡周辺は根がきつく、マダコ釣りでは何個も仕掛けをロストしています。


今日は仕掛けをロストしないように気を付けないと・・。



■釣り開始。


船長さんから、「はじめてください。」とのアナウンス。


カワハギ釣りは、テクニカルな釣りと言われています。


参考までに、私の釣り方をご紹介します。


先ず仕掛けを底まで落とし、フケを取ったら、スッと竿を1mほど上げて、仕掛けがゆらゆら落ちるようなイメージで、底まで仕掛けを落とします。
このゆらゆらで、周辺にいるカワハギにアピールします。

着底したと同時に糸ふけをとり、オモリを底につけたまま、3~5秒程小刻みに竿を上下させ仕掛けを揺らし、餌を食べにくるカワハギを焦らします。


そして、ゆっくり竿を上げて、カツ、カツ、というカワハギの小さなアタリを感じたら、そのままゆっくり竿を上に持ち上げます。

(ここでアタリがなければ、また竿を1mほど上げて、ゆらゆら落とすところに戻ります。)


ゆっくり持ち上げると、そのうちカワハギが本掛かりし引きが強くなりますので、ここでシャープにあわせて針掛かりをしっかりさせ、リールを一定速度で巻きカワハギを取り込みます。


特に大物のカワハギの場合、針掛かりがしっかりしていないと、途中2~3回ある強い引きの時にプチッと針が外れてしまします。



先ず第1投目。


いきなり、ビクビクッという感触が伝わってきます。


うーん、これはカワハギではないですね・・。


リールを巻き、水面に見えてきたのは小さなコモンフグでした。


サイズがよければキープですが、小さいのでリリースします。


他の人は、カサゴも釣れています。


本当にカワハギいるの??


やはり心配的中で、カワハギは全然釣れません。

カサゴ釣りに来たみたいですw

今日のお目当てはあくまでカワハギ。カサゴは全てリリースします。

あと、根掛かりがひどく仕掛けを2個ロストしました。(^^;)



カワハギを釣った人もいたようですが、根掛かりがひどくカワハギが釣れないので大きく移動するようです。


到着したのは竹岡沖のちょっと手前です。



ここでは、船中でカワハギがポツンポツンとあがっています。


ロストも無いので、最初からこの場所だったらよかったのに~、という感じですw


私のところにもカツカツッというカワハギらしいアタリがきました!


ゆーっくり竿を上げて聞き合わせを狙います。


そして、ガンッガンッという強い引きに変わりました♪


バラさないよう一定速度で巻きます。


巻き上げの途中、ググンという強い引きが伝わってきます。


これもカワハギ特有です!

カワハギ確率がアップしました~。


そして水面に見えてきたのは・・、


本命のカワハギです!


それも良型~(^^)


無事取り込みが成功し、今シーズン初のカワハギをゲットです!



やっと釣れました~。



エラにハサミで傷をつけて、バケツの中で泳がし血抜きをします。

これをしないと、肝に生臭さが残ります。


折角の新鮮なカワハギ、肝和え刺身を美味しく食べたいですよね。


その後もポツリポツリですが、カワハギが釣れます。

今シーズン、カワハギは厳しいと聞いていましたが、そこまでひどくはなさそうです。


ただ、何故かカワハギ釣りでおなじみの外道のトラギスがほとんど釣れません。。


まあ、トラギスはリリースするのでいいですけど・・・。





■釣り終了


船長さんから終了の合図。


今シーズン初のカワハギ釣りは終了です。

やはりカワハギ釣りは楽しめますね♪


今日の釣果は5匹でした。



船は浦安の船宿に向かい、1時間半後、無事船宿に到着しました。


電車で帰宅し、今日の釣り終了です。





■調理&食事


早速調理します。

今日は5匹なので、捌くのは楽ですね。

肝もしっかり入っています♪

血抜きをしたので、肝は白っぽくキレイです。


料理ですが、今日は肝和えの刺身、昆布締め、味噌汁を作りました。


どれも美味しかったですが、肝和えの刺身、やはり絶品という言葉に尽きます。


今シーズンのカワハギ釣り、まだまだ行きますよ♪



最終更新:2019-10-12 11:22:22





c 2014-2019 kamome.club