? 【マゴチ】富津沖 今シーズンは好調かも!? 2018/03 kamome.club:電車で釣り!
kamome.club
kamome.club kamome.club
東京湾 電車で釣り♪

釣行記
電車釣行
波風予報
釣り場
船宿

釣りや海で遊んだことを書いているブログです。主に東京湾での釣りを紹介しています。





【マゴチ】富津沖 今シーズンは好調かも!? 2018/03

コメント数:0件

3月も中盤を過ぎ、すっかり春らしさを感じる陽気になりました。

今年の桜の開花は例年より早くなるそうです。


前回は春らしい釣りということで、メバル釣りに行きました。

【メバル】横浜沖 モエビで釣る春告魚 2018/03


前半はボウズで焦りましたが、後半で巻き返し、とても楽し釣りでした。

次回も、春らしい釣りに行きたいと思います。


ところで、私の中で、春を感じる釣りものがあります。


マゴチ釣りです。


東京湾のマゴチ釣りは、照りゴチと呼ばれ、夏の釣りの代名詞のように言われますが、シーズンのスタートは春先になります。


マゴチ釣りが始まると、春になったな~、と実感できます。


今年も各船宿、マゴチ釣りを開始したようなので、次回はマゴチ釣りにしたいと思います。


釣り方は、生きたサイマキ(クルマエビ)を釣り針に付け、泳がせて釣る、”泳がせ釣り”です。



船宿は、木場の吉野屋さんにお世話になることにします。

吉野屋さんに電話し、予約も無事とれたので今シーズン初のマゴチ釣りにチャレンジしてきます!





■釣りまでの準備


マゴチ釣りの道具は自宅に揃っています。


マゴチ用仕掛けにオモリ(吉野屋さんは15号指定)、リールはベイトリールで、道糸はPE1号です。


竿は、マゴチ釣りでいい実績を出している、ワールドシャウラ・ツアーエディションです。


あと持っていくものは、ハサミ、ナイフ、タオル、プライヤー、フィッシュグリップ、クーラーです。


明日は天気も海の状態も悪くないようです。


久しぶりのマゴチ釣り、良い結果を出したいと思います!



■船宿到着


船宿には、5時半過ぎに到着しました。

今日は気合を入れて早めの到着です。

着いてすぐ、マゴチ船に行って、今日の釣座を確保します。

気合を入れたおかげで、よい釣り座を確保できました♪


そう、マゴチ釣りは釣り座が重要と言われているのです。(^^)


釣座を確保した後は、受付に行き、船代を支払い、また船に向かいます。


船で釣りの準備をしていると、船長さんから、今日の餌、サイマキが5匹配られました。



■出航


7時になり、出航です。

船は高層マンションの横を通っていきます。



朝は寒いので、早々に船室に移動します。





■釣り場に到着


出航から約1時間後、釣り場に到着しました。


場所は千葉の富津沖です。



サイマキを針につけ、準備OKです。


今日の餌、サイマキ。






■釣り開始。


船長さんから、「はじめてください。」とのアナウンス。


第一投目、誰にもマゴチのあたりはきていないようです。


次の流しで、5分程離れた場所に移動します。



この流しで、ポツ、ポツと船にマゴチがあがったようです。


そして、私のほうにも来ました!


竿から、クン、クン、という感触が伝わってきます。


ここでアワセるとすっぽ抜けるので、アタリが強くなるのを待ちます。


数秒後、クーン、クーンという、引っ張られる強い感触に変わりました!!


マゴチのアワセは、アタリがあってから大体7~10秒後と言われていますが、マゴチの大きさや活性、餌の大きさによって変わってくると言われています。


そう、誰にも正解がわからないのです。。(^^;)


自分を信じ、ここで竿を大きく持ち上げ、アワセます!


竿が大きくしなりました!!!


乗りました♪


かなり重い!


良型のマゴチに違いありません!!


リールを一定速度で巻きます。


途中、何度か激しい抵抗をみせます。(^^;)


バレないかハラハラドキドキですが、竿がうまく抵抗を吸収してくれているようです。


そして、水面に見えてきたのは・・、


本命のマゴチ!!


そして大きい♪


船長さんにタモを出してもらい、無事取り込めました!


今日初ゲットのマゴチ。



マゴチ釣りは、このハラハラ感がたまらないです。



その後、海面バラシもありましたが、午前中で3匹ゲットできました。


午前中の釣果。



私だけでなく、まわりの人もちゃんと釣れているので、マゴチの活性はいいみたいです。




■釣り終了


2時半くらいに、船長さんから終了の合図。


釣果は5匹と、満足いく結果でした。

今日の釣果。



ただ、海面バラシが2回、途中バラシが1回、アワセそこねが4~5回あったので、うまくやれば、ツ抜けができたかもしれません。

実際、10匹近く釣っている方もいたので、今年の東京湾マゴチ、激熱かもしれません!!



船は木場の船宿に向かいます。


家に到着し、今日の釣り終了です。



■調理&食事


早速調理します。

料理は、定番の鍋、洗い、唐揚げ、味噌汁にしました。


あと、胃袋と、皮で珍味を作ってみました。

マゴチの皮は、トラフグと同じコラーゲンの塊だそうです。


最初に胃袋ですが、沸騰した湯に胃袋を入れ、表面の色が変わったら、お湯から出し氷水で締めます。

胃袋の表面をキレイに洗い、包丁で細く切ります。

それを、ポン酢にあえて食べます。


今回は、湯通しした肝も一緒にあえてみました。


胃袋&肝あえ。大根おろしもたっぷり。酒に合います!




次に皮ですが、先ずは皮を沸騰した湯に入れます。


そうすると、お湯に入れた皮は丸まり、またしばらくすると少し元に戻って広がります。

このタイミングでお湯から取り出し、氷水で締めます。


皮を水洗いしながら、指で残ったウロコや身、ヌメリをしっかり取ります。


胃袋と同様、包丁で細く切り、ネギ、大根、ポン酢をあえていただきます。


マゴチ皮の湯引き。



マゴチ皮の湯引きは、フグの湯引きとそっくりの味で、家族からも大好評でした。


これまでマゴチの皮は捨てていましたが、これからは絶対に湯引きにしないといけないですね。



これから春の釣りものがどんどん出てきます。


楽しい季節になりました♪

最終更新:2018-03-21 16:46:36





c 2014-2018 kamome.club